労働法

鋳成は中国の労働法に精通し、関係省庁での勤務経験を有する専門弁護士チームを擁しています。労働法の領域において、鋳成は国内外の企業のために労働と人事管理システムを構築し、日常の労働事項を処理し、労働争議の調査と処理(仲裁と訴訟を含む)を代理し、投資やM&Aなどの複雑なビジネス取引における労働法や従業員配置等の事項について法律意見を提供します。

業務範囲

  • 顧客に労働関係の評価を行い、労働関係の全体的戦略の策定
  • 顧客の労働契約、雇用契約、研修契約、競業禁止契約、秘密保持契約等の法律文書の作成
  • 顧客の企業内部の労働規約や従業員マニュアルの作成
  • 企業の組織再編、合併買収、分割における従業員の転籍や配属計画の策定
  • 企業の破産、清算過程における従業員の配属や経済的補償計画の策定
  • 企業と労働組合または職員代表との集団交渉に参加
  • 顧客の労働争議の調停、仲裁、訴訟の代理