裁判外紛争解決手続

裁判外紛争解決メカニズムまたは代替的紛争解決メカニズムとは、訴訟制度以外の紛争解決手続またはメカニズムの総称です。同メカニズムには主に和解などの自力救済方法と、調停、仲裁等の救済方法等が含まれています。訴訟による救済手段と比べると、代替的紛争解決メカニズムにはより簡便さと迅速さがあり、方式におけるフレキシビリティがあり、コストがより低いというメリットがあります

仲裁

鋳成弁護士は民商事の仲裁、労働紛争仲裁、人事紛争仲裁領域において代理人としての豊富な経験を有しており、数多くの顧客から広く評価されています。

  • 仲裁事件の背景調査と関係する公証、証拠保全を行います。
  • 仲裁事件について法的分析と仲裁戦略を提供します。
  • 仲裁関係の法律文書を起草します。
  • 仲裁における法廷手続への参加を代理します。
  • 仲裁裁決の執行を代理します。

代替的紛争解決手続――交渉と協議

訴訟と仲裁以外に、交渉と協議も、その迅速さと訴訟コストを節約できることから、紛争解決の重要な手段の一つであり、法実務において重要な役割を果たします。鋳成弁護士は事件の事案に従って、最適な交渉案を制定し、依頼人の権益を最大限に守ります。

  • 事件の背景調査を提供し、公証、証拠保全を代理します。
  • 事案を分析し、交渉戦略を制定します。
  • 顧客の交渉を代理し、またはこれに協力します。
  • 和解契約を起草・審査します。
  • 顧客を代理して和解契約を執行します。