知的財産の司法的保護

鋳成チームは全国範囲内において多くの国内外の大手企業の代理人として、特許と商標の行政訴訟、特許・商標・著作権(ソフトウェアを含む)、ドメインネーム、営業秘密の民事訴訟等を含む知的財産訴訟に参加しており、知的財産の司法的保護分野において豊富な専門的経験を蓄積しました。業界においては、重大かつ難渋な知的財産業務を解決できるエキスパート型の事務所として認められています。鋳成が代理した多くの事件は業界に広く影響を与えており、このうちの多くは最高人民法院を含む各級の法院によって典型的事件に選ばれました。

業務範囲

  • 特許庁審判部による無効審判の審決に対する不服により人民法院に提起される行政訴訟の代理
  • 異議申立て、審判、不当登録の取消しに関する商標審判部による審決に対する不服により人民法院に提起される行政訴訟の代理
  • 商標権、特許権、著作権、ドメインネーム、営業秘密、商品の包装と装飾、不正競争、商号、営業上の信用に関する権利侵害紛争における仲裁や民事訴訟の代理
  • 商標権、特許権、著作権の権利侵害に関する刑事訴追の代理
  • 効力が確定した法的文書の執行の代理