知的財産概要

知的財産は鋳成の中核となる業務領域の一つです。鋳成は十数年間にわたって知的財産に力を注いできたため、集中力と専門性を誇りにしています。この領域において、鋳成は顧客に対する忠誠、専門性、効率性、経験の豊富さをもって認識されており、法曹界においても重大かつ難渋な知的財産業務を解決することができるプロフェッショナルな事務所として認められており、国内外の顧客に全面的、多層的、ワンストップ的な法的サービスを提供します。

全面性:鋳成の知的財産業務は横断的に商標、特許、著作権(ソフトウェアを含む)、ドメインネーム、営業秘密、商品の包装と装飾、知的財産権の管理と譲渡、知的財産に関わる不正競争、消費者利益、製造物責任、広告等の領域をカバーします。

多層性:縦断的に、鋳成は顧客に知的財産における国内外の出願や審判に関するサービスを提供するだけではなく、自ら有する豊富な経験に基づき、良質かつ高効率の働き方をもって顧客に多層的な法的サービスを提供します。これらの法的サービスは、市場監視、権利侵害調査、行政取締、税関登録、権利侵害訴訟のみならず、知的財産戦略の制定、ブランド付加価値デザイン、知的財産のビジネス取引、知的財産のデューデリジェンスなどを含みます。

ワンストップ:国際商標代理資格と特許代理資格を有する弁護士事務所として、鋳成は、豊かな経験を有しながらそれぞれの専門的知識をもってチームワークを展開するエリート弁護士らを集め、エキスパート型の知的財産弁護士事務所となっています。あらゆる国内外の顧客が抱えているいかなる重大で難渋な知的財産業務も、鋳成にその徹底的な解決を求めることができ、満足するサービスを得ることができます。