建設工事と不動産

不動産法務は鋳成の中核となる業務の一つです。鋳成には不動産法に精通するエキスパート型の弁護士チームが所属しており、不動産法務に専門的に従事します。鋳成弁護士は開発業者、所有権者、総請負業者を代理して大型の不動産プロジェクトにおける複雑な法的問題を処理し、複雑な紛争を処理する能力と豊富な実践経験を有します。

業務範囲

  • 不動産開発企業の設立
  • 不動産プロジェクトにおける融資、担保、企業誘致、販売計画
  • 不動産プロジェクトのデューデリジェンス
  • 不動産プロジェクトの入札代理
  • 土地使用権の譲渡、賃貸、抵当
  • 不動産プロジェクトの施工建設、請負発注、請負受注、外注
  • 銀行ローンに関する担保と抵当
  • 不良不動産の買い替えと活性化
  • 不動産プロジェクトの計画、設計、入札、工事施工等に関する法律文書の起草、審査、修正
  • 国内外の不動産売買の手続きとその他の手続き
  • プロジェクトの融資、BOTその他のプロジェクトの構造設計
  • 工事建設の品質管理、工事管理
  • 不動産プロジェクトのリスク管理
  • 不動産と基礎建設の訴訟、仲裁、紛争の解決