チーム

弁護士・弁理士検索

Search by last name

弁護士・弁理士

郗 名悦

弁理士

メールアドレス: patent@changtsi.com
電話番号: +86 10 88369999

郗名悦弁理士は、国内のある著名なエネルギー企業で3年間の研究開発活動を行っていたため、特許書類作成のための研究開発者とのコミュニケーション能力が高く、協調能力に優れており、技術的革新ポイントを発掘することに長じております。郗弁理士は、特許出願、特許書類作成、特許権侵害分析などの特許業務について緻密で全面的な相談サービスを提供することができ、とりわけSIPOの審査意見通知書の対応に長じており、顧客権益の最大化を実現することができます

取扱分野

  • 生物、化学、機械分野の特許出願、特許無効、知的財産権侵害分析など

職歴

  • 北京市鋳成法律事務所 弁理士(2014−現在)
  • 北京紀凱知識産権代理有限会社 弁理士(2011−2014)
  • 新奥集団 研究開発エンジニア(2008−2011)

学歴

  • 太原理工大学 物理化学 修士(2008)
  • 内蒙古工業大学 生物エンジニア 学士(2005)

主な顧客

  • ボーイング社
  • 日本リコー社
  • フォード社

代表的事件

  • 審査官が当方顧客の重要な特許出願に対して拒絶査定を行う予定であったところ、郗名悦弁理士は、予測不可能の治療技術効果について用意周到な理由書を提出し、最終的に当該出願が特許として登録されました。その優秀な能力に鑑みて、顧客はその他の特許事務所に依頼した出願を本弁護士事務に配転させました。
  • アメリカのある著名な化学品会社のすべての特許業務を全権代理し、顧客から深い信頼を得ております。また、当該会社の特許出願の拒絶査定不服審判手続において、顧客のために拒絶査定の取消しという審判決定を得て、顧客の利益を最大限保護できました。

資格

  • 中国弁理士(2015)

チーム

鋳成は350人からなるチームを有しており、このうち専門家メンバー220名、知的財産分野において国内外の顧客に全面的、多層的、ワンストップ的な法廷サービスを提供します。

 

鋳成の弁護士チームは理念と思いやりのあるチームです。顧客に真摯なサービスを提供し、社会に無私に奉献することが我々の一貫した理念で、顧客について衣食を与えてくれる存在として考え、サービス提供の際に終始顧客の利益の最大を確固不動な信条としています。これらの理念と信条は、顧客の具体的な案件を代理する際に、顧客の個別事案の特徴と需要に沿って利益最大化を実現できる解決方案をカスタマイズするよう、我々に顧客の立場から考えさせてくれます。

 

鋳成の弁護士チームは、職業倫理を重視し、プロフェッショナル意識のあるチームです。専門的な弁護士事務所として、鋳成は17年間、知的財産をその中核となる業務とし、集中のゆえに専門性に優れています。のみならず、一般的な知的財産代理機構と異なり、鋳成の知的財産チームは弁護士事務所をベースにし、弁護士によるサービスを提供します。弁護士事務所に所属する弁護士は、法律に対する理解やリストのコントロールにおいて一般的な代理機構と比べて大きな優位に立っています。彼らはいかなる複雑で難渋な法的問題についても顧客にエキスパート型の法的サービスを提供することができます。

 

鋳成の弁護士チームは、専門性と複合性のある経験豊富なチームで、メンバーの多くは複合型の人材です。専攻からみると、彼らは法律と技術両方の背景知識を有しており、多種のワーキング言語を駆使して様々な国の顧客にリーガルサービスを提供することができます。また、学歴からみると、鋳成の弁護士チームは良好な教育背景を有しており、その多くが海外留学と勤務の経験を有します。さらに、実務経験からみると、鋳成のチームは政府機関、司法機関、大手企業での勤務経験を有しており、その一部が関係分野の知名的専門家でもあります。これらの複合的な専攻背景や豊富な実務経験は、鋳成の弁護士により深く顧客の需要を理解させてくれ、よりスムーズに主管機関とコミュニケーションできるようにさせてくれます。

 

鋳成の弁護士チームは顧客マネージャー責任制を実施しています。高度な会社型管理を通じて、事務所全体の優位資源を十分に引き出して整合し、これによる合力は、サービスの専門性レベルを確保し、業務の効率を高めると同時に、サービスの連続性と安定性を保つこともできます。

 

中国遠大グループはこのように鋳成を評価しています。「鋳成の実績が輝かしい。チームの専門的能力が強いだけではなく、顧客の視線と立場から問題を考え、我々に多くの重大問題を確実に解決してくれました。このような無私と思いやりは、ほかのパートナーから感じたことがありませんでした」。